スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音源ログ&実機演奏環境

最終更新 2013-05-10

■ NSF ファミコン
★TNS-HFC4(ノーマルモデル、FDS音源搭載モデル)カートリッジスロット:1
TNS-HFE4 オプション(カートリッジスロット:4)
hfc4ext4.jpg

★TNS-HFC3 カートリッジスロット:1
拡張音源対応(MMC5、VRC6、VRC7、N106-163、Sunsoft5B)
スロット1個装備 そこへ拡張音源カートリッジを差し込む。複数拡張音源を使ってるNSFは当然対応できません。
TNS-HFC3

★PowerPak
通常では内蔵音源APUのみ対応
アンオフィシャルファームウエアを上書きすることで拡張音源対応になります(音源エミュレーション)
オフィシャルファームウエア1.35b2へNES stuff loopy Mapperを上書きすることにより拡張音源対応になる。
(VRC6、N106、FDS、Sunsoft5B)拡張音源を複数使用しているNSFも演奏可能。
※FDS音源が音痴。
powerpak

※PowerPakを国内ファミコンで使用する場合 NES→FC変換アダプターが必要になります。
拡張音源を鳴らす場合変換アダプターを改造しないと音が出ません。
その改造ではファミコン、ツインファミコン、Newファミコンによって拡張音源のミックスダウン音量が変わってきます。
バランス調整はいろいろありますが、10kΩ可変抵抗を付け自分の耳で調整する方法がおすすめです(笑)
NESコンバータ

ツール:NSF Player FDS
ディスクシステム用 NSFプレーヤー(FDS音源対応)
RAMアダプタ改造により可能。FDSLoaderがあれば演奏も簡単。※容量が小さい
FDS


■ SPC スーパーファミコン

★Neo SNES Myth
Myth Menu 0.21よりSPCサポート (ただしSDカードからのみ再生可能
SDカードを使うには、Neo2SD、Neo3SDが必要。最新Mythではセットで販売されている。
Myth SNES



※SDカードを使うにはある程度ファームの上がったMythが必要
初期ロットMythではSDカードに対応していない。NeoDualProgrammerでアップデートが必要

★Super Everdrive
SPCプレーヤーが実装されているのか未確認

★各種中華機

ツール:SPC Tool
複数のSPCをROM化できる。 63ファイルまで詰め込める。
リセットで選択メニューに戻る。
SPC2
SPC1

ツール:SPC2ROM
SPC1ファイルをROM化できる。


■ VGM メガドライブ、32x、マスターシステム、ゲームギア
★Neo MD Myth 3in1
MythメニューからVGM再生(Neo2DS、Neo3SDからの読み込み)※少々もたる場合あり
MD VGM

32XのVGMも再生可能
32X VGM

★Everdrive-MD
★Mega EverDrive
★ダブルプロファイター(入手困難

ツール:VGM Player 3.11
MD、32x、mk3(PSG)、SMS(PSG)、GG、対応
32MbitまでのVGMを複数ひとまとめにROM化出来る。※mk3、SMS-FMは未対応
VGM Player

ツール:SMS VGM Player
SMS(FM、PSG対応) SMS上で動作可能 ※容量が少ないので大きなVGMはコンバート出来ない事もある
DOSのCOPYコマンドから、VGMファイルにプレーヤーbinを付けてROM化する。
SMS VGM


■ HES PCエンジン
★Turbo-EverDrive
EDメニューからHESファイルの選択可能
PCE HES


■ GBS ゲームボーイ
★Doctor GB CARD
★その他 ROMを入れられるカートリッジ
GBS Player GB
GBSをROM化する。


■ KSS MSX
ツール:KSS Player MSX-DOS ※TurboRが必須
MSX-DOSでKSSを再生できるプレーヤー 容量が大きなKSSは演奏できない。
PSG、FM、対応 (SCCは未確認
すこしもたる時がある。動作が重い

ソフト:SCCの達人
SCC専用プレーヤーソフト(SCCカートリッジ必須 できればスナッチャーあたりが良い
スナッチャー、SDスナッチャーを鳴らす場合はRAM128KB必須
すべてのキーボードを使う。カーソル↑を押しながらキーボードでSEからBGMまで対応
MSX SCC


■ NEOGEO MVS ネオジオ
★UNI-BIOS
標準BIOSを取り除き、ユニバーサルBIOSへ差し替える。
聞きたいカートリッジを挿し、UNI-BIOSからJukeboxを選択
曲リストはM1などを参考にするとわかりやすい
Neogeo


■ PC-98、PC-88
ツール:S98 Player for DOS
ツール:GMPV4

86音源ボード+RAM256kb(ちびおと)またはスピークボードの環境があれば
P88SR(88エミュレータ)などでサウンドボードIIデータが聞けます。
スキームミュージックディスクなど問題なく再生出来ます。


まとまり次第、追記していく予定です。

スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【音源ログ 実機演奏環境】

■NSFファミコン★TNS-HFC3ttp://www2s.biglobe.ne.jp/~tns/tnshfc3.html拡張音源対応(MMC5、VRC6、VRC7、N106-163、SunsoftB5スロット1個装備そこへ拡張音源カートリッジをperを上書きすることにより拡張音源対...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kumakuma

Author:kumakuma
作業ログ・電子工作など
更新不定期

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。