スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MD改造#2 画像

■MD高音質化改造 #2

前に簡単な高音質改造は書いたのですが、Future Driverさんの所でSound MODが発表されたので速攻作ってみました。
この改造はかなり前にやってたのですが、ブログに書いて無かったので今頃まとめてます(^_^;)
加えて、スーパー32X、NeoMythMD(ym2413)の入力も追加してます。(情報提供:くまねこさんサンクス!

まずは普通にFuture DriverさんのSound MOD回路を組みます。
コンデンサなんですが、今回オーディオ用の物を使いましたが普通コンデンサで十分でした・・・
オーティオ用だと高音が強調されてやや厳しいかもしれません。。失敗(^_^;)

※ユニバーサル基盤は予め測って使いましょうね!(空いてる場所へ配置する場合

MD1_smod02.jpg


こんな長い配線はいらないですねw
MD1_smod03.jpg


カートリッジ部分の音声入力用に10k可変抵抗を入れてみました。
あとは自分の耳でバランス調整ですw ※前もってノーマルバランス音源を録音しておきましょう。
MD1_smod10.jpg


カートリッジpinの資料はこちら
MD_pin

md_cartrige_pin.png

B01、B03からスーパー32X、NeoMyth-MD(ym2413)音声が出ていますのでラインでミキシングします。
基盤表にも音声pinあるのですが、裏面がわかり易かったのでそちらから引っ張って来ました。

32X版スペースハリアーの「セ~ガ~」を聞くだけで違いがすぐわかります。すごくクリアです!
ちゃんとした録音環境が出来しだい比較サンプル音源貼ります。

しかし、NeoMythMDの音源ノイズが酷いw これもなんとかしたいところですね。。課題


スポンサーサイト

スーパーファミコン・スターフォックス 27MHzカートリッジ作成

海外Forumで発表されてたスターフォックスの記事を元に実際に作ってみました。

スターフォックスに使われているMARIO Chip(FXチップ・プロトタイプ)これはクロックアップ体制が弱いため
ワイルドトラックス、Vortexなどのカートリッジに載せ替えオシレータも交換してしまう改造です。
あと、スターフォックスのカートリッジにはオシレータが乗っておらず、
本体クロックからFXチップクロックを作っているようです。

なぜ27MHzなのか? もともと乗っているFX1-Chip、MASKROMの読み込みがギリギリらしく
最高28.3MHzが限界だそうです。
Forumの書き込みでは個体差で27MHz安定ともありましたので安全な27MHzを選びました。


まず、必要なもの
1、スターフォックス当たり?ROMカートリッジ
2、ワイルドトラックス カートリッジ
3、小型27MHz クロックオシレータ(秋月:300円ぐらい


1、まず当たりROMとは何か?
スターフォックス01
左が当たり(初期版)。右がハズレ(後期版)

スターフォックス02
当たりカートリッジに乗ってるMASK ROM これを丁寧に剥がし

スターフォックス03
このROMをワイルドトラックスのMASK ROMと入れ替えます。

スターフォックス04
元々付いている21MHzクロックを取り外し27MHzを取り付ける。
2pinタイプオシレータでも動くようですが、5Vを外部から取ったオシレータが
安定とあったのでカートリッジコネクタ58番から5Vを取ります。

オシレータも小さな物を選ぶとカートリッジ内に収まります。
一応、大きなものを外に出しても動きますのでどちらでも大丈夫です。

クロックオシレータだけ入れ替えて、ワイルドトラックス、Vortexを遊ぶこともできます。
比較動画はこちら
ようつべ http://www.youtube.com/watch?v=W-ySyw8xtmU
ニコ動 http://www.nicovideo.jp/watch/sm17405884

操作も快適になりおすすめの改造です。

※新しいクロックアップが発表されました。

なんと42MHzで動くそうです。 (;・∀・)ハッ? 28MHzが限界じゃなかったの??

やり方は、スターフォックスのROMをEPROM(100msぐらい)の物に焼き
ヨッシーアイランド(FX2 Chip)へ載せ替えるとの事でした。
MASKも42pinになりEPROM M27C801-100Fなどのデータシートを見ながら配線していく
空中配線してる写真を何枚もみました。 ハードル高すぎる・・・(^_^;)

ROM Writerも用意しないといけないらしく、うーん悩んでしまいますね。
いつかチャンスがあればチャレンジしてみようと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=47rcZa72XAw
外人パワーすごいなw
.

x68000XVI コンデンサ交換

X68ユーザーはどうしても通る道。。 そうです液漏れコンデンサ交換

ADPCMが徐々に鳴らなくなる、FM音源がモヤモヤしだす、といった症状はコンデンサです。
電源修理は全交換依頼したのですが、下基板、メイン基板、RGB基板 ここを修理しないといけません。
前兆があれば早めにやりましょう。 
頑張って動かしてると液漏れ電解液が他の回路にダメージ与える恐れがあります。
下手すると基板に穴が開くほど焦げるそうです。。恐ろしや (電源まわり


あるブログさんの画像に追記してみました。
x68_001

x68_002

x68_003

ついでにオペアンプNJM2073も交換
ふにゃふにゃ鳴ってたFM、ADPCM音源が新品のように(`・ω・´)シャキーンと鳴ります!
当時のオペアンプより製造の新しいモノに交換してますので、すごいクリアです。


ここでいろいろ問題になってくるのは、、ある程度のコテスキル
自分もそんなにコテ握ってないですから、、苦戦しました。

まぁその例を書いていきます。 (自己流

■どうせ交換していくのだから、元のコンデンサは綺麗に外す必要は無い。
最初は半田吸取専用コテなども考えましたが、、高額
やはりこういった工作&補修は、なるべく安く済ませたい。あるものでチャレンジしようと決意

まずペンチで交換するコンデンサを引っ張りながらクニクニしていきます。強引に引っ張らないように
そうすると足が残ったまま本体は取り除けます。
そしてコテを当てながらその残った足を先の細いペンチ抜いていく
ハンダも残ってますので、ハンダ吸取線、半田吸取器(しゅっぽん?)で取り除きます。

この残ったハンダが曲者です。スルーホールしてしまうとなかなか取り除けません。しかも古い半田だし
そこは焦らず、、何種類か方法はあります。

追加でハンダを盛る。 これにより熱伝導が良くなり取り除ける事があります。
ペーストもたっぷり塗るとより熱伝が良くなったりします。

ピンバイスを使いドリルで穴を掘る。 基板を痛める事があるのでなるべくやらないように。
これは最終手段と考えたほうが良いでしょう。

この作業を40個x2ほどやればx68は復活となります。 みんな末永く可愛がってあげましょう(^^


電子工作で細かな作業をやる場合
ヘルピングハンズ、ピンセット、この2つさえあればすごく楽になります!
是非とも用意しときましょう。 安いですしね
.

メガドラ1 簡単な高音質化 検証

いろんなHPで紹介されてるメガドラ1の高音質化をやってみました。

チップから直接配線して、メガドラアンプに通さないやり方です。
メガドラ01

元々のアンプ回路は完全に取り除いたので、ボリュームは飾りです。
やっつけ端子も元々あったフォンジャックへ配線したのですっきりしました。

メガドラ02

基板によって3種類チップがあるみたいですが、うちは「AN7108」ってチップでした
各L、Rにコンデンサ4.7μFを追加。今回はオーディオ用コンデンサを使ってみた。(1個50円


■ メガドラ1(VA6基盤) フォン端子(ボリュームMAX)
http://kumakuma_.web.fc2.com/MD_Phones_Max.mp3
(権限うんぬんでリンク貼れない ブログ初心者www
ゲームメニューで止めてる状態
VA6基盤なのでメガドラ1の中ではかなりノイズ少ない
メガドラ2よりは全然ましですね


■ メガドラ高音質化 フォン端子
http://kumakuma_.web.fc2.com/MD_Ext_Phone.mp3
標準端子よりはノイズ少なくなってる
ボリュームは小さめになります。

まぁ結果的には成功ってとこなのかな・・・
MegaJetだと無改造でもう少しノイズ減ります。

■ メガドラ高音質化 サンプルBGM
http://kumakuma_.web.fc2.com/MR_BGM1.mp3
BGM鳴らせば気にならないけど、無音になると気になりますね
少しでも綺麗に聞きたい、録音したいって方はおすすめ改造かもしれません。


海外情報で、、
MD2クリスタルオーディオ回路とやらがあるようで、めちゃクリアになるらしいです。
MD2のノイズって酷いですから、これやってみたいのですが・・どーも統合型チップってのが燃えませんw
やっぱYM2612から音が出ないとな!!

サターンもノイズ酷かったし、、メガドラもねぇ・・セガさん もうちょっと考えてくれれば(^_^;)
※サターン純正RGBケーブル(初期)はGND配線されてませんので、すごいノイズ乗りますw おいおい

ファミコン縦縞対策

3月15日 ログ

某所で話題になってる縦縞対策を後期ファミコンでやってみた。
PPUの21pinをバイパスするだけの簡単な改造です。
個体差があり効果のあるもの、無いものがあるようです。(後期型)
初期型はパスコンの入れ替えやら大変そうです。

FC PPU21pinバイパス

PPU-21pinからトランジスタへどれだけ短くするかで効果は変わってきます。
今回はもともとあったトランジスタを基板から外し、その足を直接PPU-21pinへ取り付けました。

トライスターとの比較

ドラクエ1タイトル トライスター(初期版)との比較 効果アリですね!
トライスターの方が色が濃いな

タイトル

若干のノイズは残ってますが気にならない程度です。
XRGBなどの液晶、CRT出力機器を使えばフィルター効果でほとんど映らなくなります。
プレイするには持って来いの機材です。 マイコンソフトさんGJです!

キャプチャー機材:DN-UVC252C コンポジット(明るさ:110、コントラスト:30、色合い:64、鮮やかさ:54、鮮明度:6)
プロフィール

kumakuma

Author:kumakuma
作業ログ・電子工作など
更新不定期

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。