スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS2 OPLのチートについてメモメモ


■Open PS2 Loader 0.9.4 All機能バージョン(GSM+VMC+PS2RD)を使ってチートコードを使うやり方

OPLに入ってるPS2RD Cheat Engineのコードは有名なProActionReplay(PAR)との互換性はありません。
マスターコードもPARとは違います。
チートファイルを作りHD起動なら、HD(ps2)>OPL>CHTフォルダへ転送。
USB起動ならUSBのCHTフォルダへ入れます。

■マスターコードの検出
必要なツール:mastercode finder
PS2ゲームの中からGAME IDファイルを「mastercode finder」で読み込みマスターコードを調べる。
mastercode finder起動したらBrowseボタンを押し、ゲームメディア中からGAME IDとなる(SLPM***_***)ファイルを読み込む。
SceSifSendCmdに「90****・・・」から始まるコードが表示される。 これがPS2RDで使えるマスターコードです。

■チートコードのコンバート
ツール:omniconvert
PARコードは多くのサイトで見つかりますので、それをPS2RD(Raw)形式へ変換します。
omniconvertを起動して、ツールバーの「Input」を「Action Replay V1」(元の形式に合わせる)選択
Output側を、「Unencrypted > Standard 」を選択

左側にPARコードをコピペして左下のConvertボタンを押すと右側にPS2RD変換されたコードが表示されます。

※変換するのはPARコードだけでマスターコードは変換しなくていいです。

■OPL用chtファイルを作る
チートファイルは「SLPM***_**.cht」なテキストファイルです。
GAME IDが間違っていると読み込んでくれません。
先ほど調べたマスターコードを頭に、次に変換したPS2RDコードをコピペします。

例)
 Enable Code
 904EB0D8 0C13ABDE

 Gold 1000000000
 20771D9C 3B9ACA00

 TRAINIG POINT
 2033E774 00000000

・・・などなど

保存してUSBメモリへコピーします。
HDの場合uLaunchELFなど使ってHD(PS2)の、OPL>CHTフォルダへ入れます。

■OPLの設定
OPLを起動し選択画面からチートを使いたいゲームリストでSELECTを押します。
 Enable PS2RD cheat Engine Mode [ON]
 PS2RD cheat Engine Mode [Auto-Select-cheat] を選択

最後にSave changesを選んでゲームを起動するとチートコードが有効になった状態で起動します。

もしチートコードが間違っている、もしくは合ったファイルが無い場合エラーが表示されます。
USB起動はUSBへ、HD起動はHDへ転送して下さい。

ネットワーク起動は試してないので各自で調べてね^^

スポンサーサイト

ゲームボーイプレーヤーの遅延を何とかする。(海外フォーラムシリーズ)


☆☆☆ GC用スマブラメモリHackを使ってGame Boy Interfaceを起動させる。メモメモ ☆☆☆
イージーモード


○必要なもの
ゲームキューブ
ゲームボーイプレーヤー
ゲームキューブメモリ59、251(ブロック空いてるやつ)
スマッシュブラザーズ(ゲームキューブ)
Wii (HBCが動くやつ)
Wii作業用SDカード
他のGC用HomeBrewを動かしたいなら、SDGecko、SDカードが刺さるGCメモリカード

○ソフト
Game Boy Interface ”http://www.gc-forever.com/forums/viewtopic.php?t=2782”
Home Bros. ”http://www.gc-forever.com/forums/viewtopic.php?t=3023”
Wii GCMM (WiiからGCメモリを書き換えるソフト)


■スマブラHackブート用GCメモリ作成  (余ってるSDカードで作業やったほうが分かりやすいよ)
Wiiで作業するSDカード(FAT32)にMCBACKUPフォルダ、appsフォルダを作る。
appsフォルダにGCMMを入れる。

サイトから落としてきたGame Boy Interface(GBI)の「gbi-ull.gci」(ultra-low latency version)を
gcos.gci リネームしてMCBACKUPフォルダに入れる。

スマブラHack用セーブデータをMCBACKUPフォルダに入れる。 DOL-GALJ-0-**.gci
※スマブラはバージョンが3つあり、合ったセーブデーターを入れないとハック起動できない。
うちのは「DOL-GALJ-0-00」でした。 ゲームメディアの裏、内側のリングに小さな文字で書いてある。

SD:
|-¥apps
|  ¥GCMM
|-¥MCBACKUP
  |DOL-GALJ-0-00.gci
  |gcos.gci

これでWii用SDカードの準備は完了


■WiiからGCメモリカードへセーブデータを転送する
ブート用メモリカード59、251は起動専用で分けたほうがよいでしょう。

転送するGCメモリカードをWiiのSLOT-Aへ刺す。
HBCが動くWiiからGCMM起動
Restore > DOL-GALJ-0-**.gci 選択 >エラー出なかったら次
Restore > cgos.gci 選択  >エラーが出なかったらハックメモリ作成完了。


■スマブラで起動確認
ゲームボーイプレーヤーにやりたいGB、GBC、GBAソフト入れる。
スマブラHackメモリをSLOT-Aに入れてスマブラ起動
VS.Mode選択 > Name Entry選択
画面が切り替わってゲームボーイになったら成功です。


Game Boy Interfaceは3種類あり、今回入れたのは遅延が最も少ないバージョンです。
Standard version : gbi.gci (拡大機能、GBA-GCコントローラー、Network対応) 2~5フレ遅延
low latency version : gbi-ll.gci (拡大機能無し、Network無し) 1~3フレ遅延
ultra-low latency version : gbi-ull.gci (拡張機能全無し) 0~1フレ遅延

となってるようです。詳しくはドキュメント読んで


■他のHomeBrew、Swissなどを起動したい場合
スマブラHackセーブデータはそのままでgcos.gciを入れ替える。
フォーラムにある brosexec.zip、brosexecauto.zip、などにするとSDカード(SDGecko)にあるautoexec.dolを
直接起動することが出来る。 Swiss.dolをautoexec.dolにリネームすればランチャとして起動できます。
Swissが起動すれば使い方は広がりますね~。
入れ替える時はキューブメニューからgcosを消しすか、GCMMからDeleteして入れ替える


ちなみに、、
AD-Adapterも低遅延でいいのですがコアがエミュレータなので帽子屋インサイドはパスワード要求してきます。
GBIはエミュレータでは無いのでパスワード入力無しで起動できますよん


参考動画
GameCube Softmod - Run Backup Discs Using SSBM Exploit (2015 Method)
https://www.youtube.com/watch?v=Nw1vSUcoVAg

Game Boy Player Reloaded - Introducing Game Boy Interface
https://www.youtube.com/watch?v=maT2M68z3vk

RGB207 :: Getting the Best Picture from your Nintendo GameCube - MY LIFE IN GAMING
https://www.youtube.com/watch?v=hVX81e6Ig-s

検索せよ

N64 125Mhz

■ニンテンドウ64のクロックアップ 海外フォーラムを見ながらシリーズ

スターウォーズ・ローグ中隊はハイレゾパック対応なのですが、解像度を上げるとゲームがもっさりになってしまいます。
そこで海外フォーラムを検索したらOverClock記事があり早速やってみる事に。

CPU:112、116ピンへの3.3v、GNDの組み合わせで倍率を変更する。
(幅0.5mmの細かい作業なので、くれぐれもpinを折らないように慎重にね)

     x1.0  x1.5  x2.0  x3.0
pin112:GND  +3.3  GND  +3.3
pin116:GND  GND  +3.3  +3.3

x3.0は動かないゲームが多いようなので今回は1.5(標準 93.75Mhz)と2.0(125Mhz)の切り替えスイッチを付けました。

N64.jpg

しっかりウエイトの入っているゲームでは変化無いですね。
自分の目的だったスターウォーズ・ローグ中隊ではゲームが速くなり快適になります。

ドラキュラは処理落ちが軽減され快適になります。(ゲームが面白くなるかは別問題)
ドラキュラ外伝は変化無し、罪と罰の戦艦シーンは残念ながらまったく変化ありませんでした。。むむむ

ノーマルとの比較動画




参考サイト・海外フォーラム
http://micro-64.com/features/oc64.shtml
http://kyorune.com/modding/article.php?id=70

SuperFX-48Mhz

■SFX-48Mhz 完成写真載せてなかったのでログとして。2013-07-15

SFX48_12.jpg
使用するカートリッジはワイルドトラックス

SFX48_13.jpg
SFX1チップ 日付によってOC耐性違うかもしれません

SFX48_15.jpg
IDEケーブルを使えば楽ですね~

SFX48_17.jpg
ソケットにしてますので各OSC試すことができます。
スターフォックス、ワイルドトラックスは48Mhzが安定。50Mhzでも動くのですがたまに止まる時がありました。
スターフォックス2は42Mhzが安定してました。

SFX02.jpg
電池を裏側へ取り付け、開いた隙間にユニバーサル基板を挟みます。(ホットボンドでガッチリ固定
そこにゼロプレッシャーICソケットを置きます。品質はわかりませんがaitendoが一番安かった。250円

SFX01.jpg
熱暴走の調査でチップファンを取り付けましたが、効果はわかりませんw 
P4のチップファンをワイヤーで固定。なんと原始的な

SFX03.jpg
側を取らないと刺せません、、カッコ悪いですが嫌いではありません^^

ノーマルとの比較

速くなって難易度も上がりますね(^_^;) 自分の腕ではLevel2クリアが限界ですw


■そして、、、簡単なスターフォックス40Mhzカートリッジの作り方!(NEW

SF_New01.jpg
前回にハズレと書いたボンドタイプの後期版スターフォックスですが、、ハズレじゃなかった!!
なんとまぁカートリッジから出ているクロック線にOSC-40Mhzを挟むと簡単にOC出来ちゃいます(^^

購入時の見分け方 中古ショップなど
SF_New02.jpg
カートリッジ表スターフォックスのタイトルに注目
タイトル影の薄いほうが後期版、濃いほうが初期版 この確率が高い。(パッケージはわかりませんw
初期版の重さがわかる方は後期版の軽さでも分かるはずです。

簡単なOCなので挑戦してみてください。ゲームも2倍楽しくなります!

■おまけ SFC D1(240p)改造
SFC_D1_01.jpg
チップはS-ENC Bが良いらしいです。

AD-Adapter 海外フォーラムを見ながら・・


■AD-Adapter
SFCでGBAゲームが遊べるアレです。 かなり前から気になってましたが、某ショップで¥2500送料込みだったので
購入してみました。 レビューは各所で見てください^^

AD01.jpg

そして色々言われてるサウンド問題、モノラル、ボリュームが小さい、音割れする、低音スカスカ・・
GBA再現性については仕方ないとして、少しでも問題解決したいな~と
海外フォーラムを探していると解決方法が乗ってたので実際試してみました。

必要部品
・100uf x2
・2.2uf x2
・100nf x1

AD02.jpg
まずスロット側 2013/05/13 Ver1.0 おそらく新しいVerは無いでしょうね。
謎のピンソケットも空いてたりします。気になりますね~


AD05
配線汚いですが裏です。何やら強引に補修箇所ありますけど気にしないw

基板のC28、C29がL-Rになってます。そこに付いてるチップコンデンサを取り除きます。
100ufを追加しAVアウト配線すればおk

AD06.jpg
音割れに関してはR5のGNDへ100nfを配線すればよかったのですが、そこのチップコンデンサをやっちまいました・・・
値も見ぬまま紛失w その場修正として100Ωx3付けてます。
たぶん330~470だったんだろうな~そして手持ち無し。。orz

AD03.jpg
サウンドは低音が出るようになり効果的です。ステレオもバッチリですね!

レビューでもありますがゲームボーイプレーヤーのような遅延を感じません。STGには持ってこいじゃないでしょうか。
SFCのパッド、スティックもそのまま使えます。快適です。
映像はコンポーネント出力ですが、かなり綺麗でGBPより画面広く遊べます。


AIRも普通に遊べます
AD08.jpg


ただしエミュレータと忠告が出ますのでPCツール使ってパスワード入力して下さい。
GBPでは忠告出ませんでした。当たり前か^^
AD07.jpg


サウンドの比較動画も貼りたかったのですが、フォーラムに良いサンプルあったので貼っときます。
※flacなので少し大きいです。
https://docs.google.com/uc?export=download&id=0BzsnL20-4a37cEZGQ0o0Mm11WEU&pli=1

参考サイト:http://www.assemblergames.com/forums/showthread.php?48386-Sound-fixes-for-the-Tototek-GBA-SNES-AD-Adapter

プロフィール

kumakuma

Author:kumakuma
作業ログ・電子工作など
更新不定期

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。